伝える事をおさえる

伝える事をおさえることで、論作文試験の対策を進めることを説明します。皆さんの受験する職種にもよります。よく出される問題のパターンをおさえることも必要です。公務員といっても国家公務員、地方公務員とあります。国家公務員でも総合職や一般職、そして東京都特別区があります。総合職では、財務省・外務省・経済産業省・警察庁・総務省があります。

このように多くの職種があります。そこで、それぞれの職種にあった適性が必要になります。また、公務員ということで国民のために働くという意識も必要です。企業であれば利益を優先して活動していきます。公務員は、国民の皆さんからの税金を集めたものから給料をいただいていることになります。そこで、責任も自然と重くなるのです。責任が思いということは保障が手厚いともいえます。

このような公務員は不景気になれば人気を増して、景気が良くなると大企業に流れる傾向にあります。また出世を目標にするというよりは組織の一員として頑張る姿勢が求められます。特に公務員の対応がニュースで多く取り上げられる世の中ですので人間性が求められます。このことを考えると、論作文の試験対策として希望する職種と問題傾向を掴むことが大事です。