文章の基本をおさえる

文章の基本というのは、公務員だからではなく、論作文を行うのであれば文章の基本をおさえることが大事です。文章の基本といっても一度は聞いたことがある人もいるはずです。もちろん、誤字や脱字も減点の対象になります。熟語や正確な漢字、意味を捉える必要があります。

文章のはじめは一文字下げることや、行の終わりの句読点は一文字に入れること、数字の10のように2桁は一文字として扱うことがあります。このような文章の基本を確かめておくことが大事です。また、業者に添削していただくサービスもありますが、添削も出来ない場合には、近くの人に見てもらうことも必要なことです。意外な知らなかった自分に辿り着く場合もあります。

このように公務員の論作文対策として様々なやるべき事があります。そして、職種や自治体によって出される問題は様々であり、人物試験ともつながっています。そこで公務員試験に本当に臨むのであればホームページで関係する職種を確かめておくことや、関係する書籍を読んでみることや、地方であれば食べ物や産品を確認することが大事です。そして国民のために働く意気込みで働いて欲しいものです。そのような気持ちがあれば、自然と合格に近づいていくものと思われます。そして人々の繫がりも大事にして欲しいものです。

伝える事をおさえる

伝える事をおさえることで、論作文試験の対策を進めることを説明します。皆さんの受験する職種にもよります。よく出される問題のパターンをおさえることも必要です。公務員といっても国家公務員、地方公務員とあります。国家公務員でも総合職や一般職、そして東京都特別区があります。総合職では、財務省・外務省・経済産業省・警察庁・総務省があります。

このように多くの職種があります。そこで、それぞれの職種にあった適性が必要になります。また、公務員ということで国民のために働くという意識も必要です。企業であれば利益を優先して活動していきます。公務員は、国民の皆さんからの税金を集めたものから給料をいただいていることになります。そこで、責任も自然と重くなるのです。責任が思いということは保障が手厚いともいえます。

このような公務員は不景気になれば人気を増して、景気が良くなると大企業に流れる傾向にあります。また出世を目標にするというよりは組織の一員として頑張る姿勢が求められます。特に公務員の対応がニュースで多く取り上げられる世の中ですので人間性が求められます。このことを考えると、論作文の試験対策として希望する職種と問題傾向を掴むことが大事です。

合格した論作文を写す

公務員試験の一次試験に合格しました。さて二次試験対策ですが、合格した論作文の例を写すことが勉強になります。これは、写すことにより、自分の文章の形にしていくということです。さて、写すことにより形を覚えていきますが、本番で実際に書けないものです。そこで、何度も書いていきます。

また合格した論作文のように書けなくても恐れることはないのです。合格するような論作文を大部分の人が書けないものなのです。そこで、今まで合格した参考となる論作文を写すことになります。何も写さないよりは、写すことにより自分のクセを直せます。そして、今まで気にしていなかった表現も正しい表現になってきます。

このことから、論作文対策の一つ目として合格する文章を真似するということが言えます。合格する文章を真似することにより、職種に合ったキーワードも見えきます。それから、合格した論作文の例を写すことですが、一次試験よりも前に行うべきです。早めに準備することにより、多くのことが見えてきます。一次試験に合格しなかった場合は、来年のことも考える必要があります。そこで早めに勉強するのです。まずは、公務員として国のために地方のために働くのですから、使命感を持つことを意識して欲しいものです。

公務員試験対策に論文

公務員試験は、一般的に一次試験で教養試験と論作文試験が行われ、二次試験で人物試験が行われます。近頃では論作文試験と人物試験を重要視する傾向にあるため、教養試験のみに力を入れていても安心することはできません。確実に公務員試験に合格するには、教養試験・論作文試験・人物試験すべての対策が必要と言えます。

1次試験で課される論作文試験や2次試験で課される人物試験が重要視される傾向にあり、試験種によっては配点比率が5割を超えるところもあるほど!
論作文試験や人物試験攻略が最終合格の“カギ”と言えます!

さて公務員試験ですが、教養試験において広い範囲で出題されます。広い範囲だから勉強してもどうにもならない訳でもないです。それで参考にするのが過去の問題です。本屋で過去の問題を出しているところもありますので、必ず取り寄せます。それから、地域の実情も考えて出題されやすい問題もあります。何年かの過去の問題も勉強してみる必要があります。その上に二次試験の論作文や人物試験になります。

公務員試験では、人脈も必要と言われたり、その土地柄の知っておくべきことがあります。そのようなことも十分に勉強して、公務員の試験対策に臨んで欲しいものです。さて、論作文ですがいくつかのポイントがあります。まずは合格する論作文の例をよく写すことです。さらに、伝えるべき基本をおさえることです。誤字や脱字も減点になります。気をつけることです。そして、毎日論作文の対策を出来る人はいないものです。そこで、隙間時間をつくることです。空いた時間を有効にして実力の養成を図ることです。このように、論作文を上手に書くということは人物試験で話す内容を考えることにも通じています。それでは、論作文対策について説明します。